2017年 05月 27日

陽の光(ひのひかり)・・・

 朝に目が覚めて ブラインドの隙間から陽がさす

 眩しいと思いながら そんなブラインドを開け

 一日のはじまり・・・

 自分の身体が心がどれだけ疲れているか

 そんな朝に気づく

 後どれくらい頑張れるのとか

 後どれくらい生きたら楽になれるのかと

 そんな事を考えるようになったら

 きっと「負け」なのでしょう

 けれど キツイ時に逃げる勇気も

 許されるのではないでしょうか・・・

              ☆ by yuuki ☆彡

b0069254_23050174.jpg
   我慢せずに疲れたら休む でもそんな事が
 許されない現実もあるもので・・・。
                     ゆうき ☆彡




 

[PR]

# by yuuki-555 | 2017-05-27 23:08 | 私の詩 ・・・
2017年 05月 26日

ただ ひたすらに・・・

 ただ ひたすらに想うことは

 たくさんあり過ぎて

 いつまでも元気でいたいとか

 悩みなく働けたらとか

 家族 知人がいつまでも元気でいて欲しいとか

 そんな想いは数多く

 けれども きっとそんな個人の想いは

 何処まで届いているのか疑問も持ちながら

 道は若くても老いても

 遥か遠くに感じると知った

 今と言う季節でしょうか ・・・

              ☆ by yuuki ☆彡

    何も考えずに生きる人はいない
 平等であるべき道を ひとぞれぞれぞれに
 生き働き そして悩みながら・・・
  そんな道だから、時には足を止めて ゆるりと
 休憩もよしと・・・

               ゆうき ☆彡

b0069254_23151820.jpg

見ていないと思っても必ず見ている人がいる
 それは「お地蔵様」かもですね・・・



[PR]

# by yuuki-555 | 2017-05-26 23:22 | 私の詩 ・・・
2017年 05月 25日

ただ徒然に・・・

 徒然にただ何となく 夜空を見るわけでもなく

 ひとり夜長を過ごすなり ・ ・ ・

 人恋しい秋が懐かしくもあり

 ひとりで行った釣りも遠きもの

 何もしたくないわけでなく

 様々な出来事や責め苦に耐えられないと

 ひとは目標を失うもので ・ ・ ・

 せっかくのヤル気も失せてしまう

 それが普通なのですよ ・ ・ ・

             ☆ by yuuki ☆彡

   もしも心の隙間を埋めるものがあるのなら
 
 それは 自分自身の「心」の持ち方でしょうか。

                       ゆうき ☆彡

 

[PR]

# by yuuki-555 | 2017-05-25 22:26 | 私の詩 ・・・
2017年 05月 22日

純情と臆病の違い ・・・

  ひとと話すことが恥ずかしく 

  初対面のひとが苦手で

  誰しもそんな経験はあるものです

  緊張感を感じると焦り言葉が出てこないことも


  ひとって意外と優しいものです

  あせらずにゆっくりと対応してみたら

  以外と話せてみたり

  純情だった若き頃を

  つい想い出してみたり

  そんな想いもある五月も残りわずかですね ・ ・ ・

                by yuuki ☆彡

   ふと思う若し頃の自分
 もう帰れない戻れない日々ですが、
 時に懐かしく想い出すのですね・・・
  だから若い人には何も恐れずに
 頑張って欲しいと ・・・
                        ゆうき ☆彡

  

  

[PR]

# by yuuki-555 | 2017-05-22 21:59 | 私の詩 ・・・
2017年 05月 21日

ものかき ・・・

 もの書きとは何だろう?

 こんなところで何かしら書いている

 自分も立派な「ものかき」で

 けっして誰かに喜ばれるわけでなく

 そして期待されるわけでなく

 つれづれに想いを込めながら

 誰かに届けと流す「言の葉」 ・ ・ ・

               by yuuki ☆彡

   言葉ひとつで人の心は傷つき また癒され

 そんな世界で今もなお ・ ・ ・

  ひとの言葉に流されず 自分なり素直に生きる

 そうしましょう ・ ・ ・

                   ゆうき ☆彡

b0069254_20422495.jpg




[PR]

# by yuuki-555 | 2017-05-21 20:45 | 私の詩 ・・・
2017年 05月 21日

雨の雫(あめしずく)・・・

 もう少ししたら梅雨でしょう

 雨の音が恋しくなる前に

 そんな季節があるのですね

 夏って感じる前のこの時期に思います


 しっとりと静かに降る雨には耳を凝らし

 激しく降る雨には耳を塞(ふさ)ぎながら

 雨雫(あめしずく)の音色は涙を誘うメロディ


 ひとり泣くのもいい 涙が流せるだけでもいい

 その涙が枯れ果てたなら

 きっと疲れて

 ゆっくりと眠れるのですから ・ ・ ・

                ☆ by yuuki ☆彡

   雨はきっと何かを流してくれるために降るのでしょう。

 涙を流せるだけでいい 流した涙の重さには

 ひとそれぞれの「生きた証し」が残るのでしょうね ・・・

                           ゆうき ☆彡



 

[PR]

# by yuuki-555 | 2017-05-21 01:18 | 私の詩 ・・・
2017年 05月 20日

人として生きること (20170519) ・・・

 愛を語るほど私の人生は豊かではない

 また人生を語るほど誰よりも生きていない

 道端に雑草があれば逞しく羨ましくも想い

 ひとはどうすれば悩みや苦労もなく生き働き

 そして誰にも負けずにって思います

 けれど それは答えはないのですね

 ひとそれぞれで生まれた環境が違い

 その事で考え方も違うのですから

 生まれ初めて見た鳥がアヒルなら例え白鳥のヒナでも

 いつまでもアヒルを母親と思うように

 ひとりになれば誰かをと想う

 そんな深夜の寂しげな独り言・ ・ ・

               ☆ by yuuki ☆彡

   生まれてきた事に ただただ感謝するしかない。
 そんな思いで一杯で・・・。
                  ゆうき ☆彡

b0069254_23560944.jpg



 

[PR]

# by yuuki-555 | 2017-05-20 00:00 | 私の詩 ・・・
2017年 05月 19日

忘れること ・ ・ ・

 苦しかったこと 辛かったこと

 過去の想い出は 心の中で整理

 それで

 良き想い出だけは大切に大切に

 心の何処かにしまっておく

 「 忘却 」とは忘れること

 けれど有難い言葉やその言動は

 生涯忘れたくないものですね ・ ・ ・

            ☆ by yuuki ☆彡

b0069254_22225099.jpg


   言葉がなくても そっと何かを教えてくれる
 世の中にはまだまだそんな優しいひとがいる。
  まだまだこの世は捨てたものではないのです・・・。

                     ゆうき ☆彡

             

[PR]

# by yuuki-555 | 2017-05-19 21:04 | 私の詩 ・・・
2017年 05月 18日

会いたい時に会えないひと ・ ・ ・

 会いたい時に会えないひと

 それは きっと両親でしょう

 甘えて甘えて育てられ

 苦しい時には傍にいて

 応援してくれたひとは親が一番と

 そのお礼はどのくらい出来たか

 考えると胸が痛むほどの

 親の有難さ ・ ・ ・


 親になってはじめて思う

 重い想い大切な親って有難きことと

    ・ ・ ・

              ☆ yuuki ☆彡

   きっと、その心の深さはあの大空より広く
 そしてあの蒼い海よりも深いものかも知れません。

  「親孝行したい時には親は無し」といいますが
 まさにその通りの想いで子育ての難しさを痛感で
 しょうか・・・。
                 ゆうき ☆彡

b0069254_21440794.jpg


 

[PR]

# by yuuki-555 | 2017-05-18 21:45 | 私の詩 ・・・
2017年 05月 18日

会いたい時に会えないひと ・ ・ ・

 会いたい時に会えないひと

 それは きっと両親でしょう

 甘えて甘えて育てられ

 苦しい時には傍にいて

 応援してくれたひとは親が一番と

 そのお礼はどのくらい出来たか

 考えると胸が痛むほどの

 親の有難さ ・ ・ ・


 親になってはじめて思う

 重い想い大切な親って有難きことと

    ・ ・ ・

              ☆ yuuki ☆彡

   きっと、その心の深さはあの大空より広く
 そしてあの蒼い海よりも深いものかも知れません。

  「親孝行したい時には親は無し」といいますが
 まさにその通りの想いで子育ての難しさを痛感で
 しょうか・・・。
                 ゆうき ☆彡

b0069254_21440794.jpg


 

[PR]

# by yuuki-555 | 2017-05-18 21:45 | 私の詩 ・・・
2017年 05月 16日

灰色の道・ ・ ・

 灰色に染まった高速をマイカーで走る

 後方も見ながらの恐怖とも言える走行?

 昔はそんな道もなく雑草との戦いだったのでは?

 時代の流れで便利になる一方

 何処かで手抜きがある事を忘れずに

 川のせせらぎを聴きながら のどかに通った通学路は今はなく

 十数年ぶりに行った故郷の川は雑草が生い茂り

 見るも無残で ・ ・ ・

 あの少年の頃に川に浮かべた笹船は

 今は何処へと想いながら

 郷愁という心の痛みを いまさらながらに

 と言う五月と言う迷いある月を歩むのです ・ ・ ・

                    ☆ by yuuki ☆彡

 

[PR]

# by yuuki-555 | 2017-05-16 21:32 | ひとりごと・・・
2017年 05月 14日

スカイ ブルー ・ ・ ・

b0069254_12385319.jpg
b0069254_12325040.jpg

 何故空が青く 雲は白く その下に沈む海は蒼いだとか

 そんな事を考える暇もなく歩んできたような

 空に飛行機雲が浮かんでいつしか消え

 いつのまにかオレンジの夕陽が空を染め

 ひとは常に孤独を感じたり躊躇(ためら)いながら

 そう時には後ずさりしながら生きるもの

 若ければ若いほど大きな夢をもち

 いつしかその夢の大きさも現実というものに

 縮小されたり潰されたり

 けれど大切な事は

 いつも自分を大切に生きること

 あの青い空や あの蒼い海がいつか

 少年の僕に教えてくれたこと 

 どんなに 小さくてもいい 夢は持ちながら ・ ・ ・

              ☆ by yuuki ☆彡

b0069254_12340099.jpg

  ひとには大切なことはいくつもあります。
 そのうちのいくつを選択しながら歩むのも自由です・・・
 
  自分で選ぶ道なら、後悔はないのでは。
                       ゆうき ☆彡






[PR]

# by yuuki-555 | 2017-05-14 12:48 | 私の詩 ・・・
2017年 05月 13日

生きることは? ( 2017 05 13 ) ・・・

  生きる事は耐えることではなく

  むしろ楽しむことでは ・ ・ ・

  苦しかったり辛かったりでは

  楽しめない ・ ・ ・


  どうしたら楽にとは言わないが

  少し思考を変えて

  どうしたら楽しめる仕事 人生を送れるか

  考えながら歩みたい長い長い道が

  自分に与えられた人生と思いながら ・ ・ ・

           ☆ by yuuki ☆彡

b0069254_21484977.jpg
  五月病という言葉があります。
 ひとそれぞれに職場が変わったり進学したりで
 人間関係も変わったりで・・・。
  出来れば、趣味、お金の掛らない趣味を
 ひとつでも持てば違うとか・・・。
                   ゆうき ☆彡




  

[PR]

# by yuuki-555 | 2017-05-13 22:57 | ひとりごと・・・
2017年 05月 13日

我が娘(長女)へ ・ ・ ・

 一年働き 上を目指し2年間の進学(専門学校)

 はじめての一人暮らしへと ・ ・ ・

 もうひと月を過ぎましたがかなり苦しそうで 

 愚痴はお母さんにばかり

 それでもいいのですよ

 あなたは母親っ子でしたから

 でもね お母さんに聞いた話に

 僕が何か意見しても何も通じないくらい

 お母さんは一日中あなたの事ばかり考えているのです

 今まで家では何もしていなかったあなたが

 ひとり暮らしと学業は 目に見えるほどの

 苦労と思います ・ ・ ・


 だからお母さんが電話すると いつも泣いてばかり

 家を出て進学を決めた時の

 あなたのあの勢いの良さは何処へ?

 卒業したら結婚するのでしょ?

 どうか長い2年と思わずに

 わずかな短い2年間と思いなさい


 もしも卒業出来たなら

 あなたは誰も想像できないくらい大人に

 なることでしょう ・ ・ ・


 五月という月は誰しもが憂う月

 まだまだ小さな心しか持たない

 今のあなたには

 「我が家」って憩いの場所がいつでも

 待っていると最後まで諦めずに

 頑張って欲しいと思います ・ ・ ・

                   娘(長女)へ ・ ・ ・

                  あなたのたった一人の父より ・・・

b0069254_21530915.jpg
  どんな花でさえ綺麗になるためには誰かしら
 また何かしらの力で蕾となり花となる ・ ・ ・ 。
  自分で全てを未来を決めつけずに生きる事もまた難しく。
  試行錯誤のひとの道ですが、頼れるうちに頼りたい「親」
 でありたいと ・ ・ ・ 。

                   ゆうき ☆彡

    追伸 ・・・
  悩めるうちが人生、そして若さの特権なのですが
 それを理解出来た時にはもう老いていたり・・・。
 うまく若い人へ伝えるって難しいものですね。



 

[PR]

# by yuuki-555 | 2017-05-13 22:01 | ひとりごと・・・
2017年 05月 12日

自分は自分ひとはひと ・ ・ ・

 誰しもが人を羨むかもしれない

 けれど ひとはひと 自分は自分

 生まれてこれまで歩んできた道が違うから

 何もかも同じわけにはいかなく

 羨むわけでももなく

 そして蔑むことなく

 ひとをひととして見ていける

 そんな 「 心の余裕 」が

 欲しいですね ・ ・ ・

             ☆ by yuuki ☆彡

b0069254_22044988.jpg
   この画像の季節は忘れましたが、
 何気ない空にうっとりとしたり・・・・。
 枯れ行く木々に憂いを持ったりと。
  誰しもが全て幸せではなく、 むしろそれを
 決める心の持ち方で違うものなのでしょうね・・・。

   では、おやすみなさい   ゆうき ☆彡


[PR]

# by yuuki-555 | 2017-05-12 22:12 | ひとりごと・・・
2017年 05月 11日

愛と恋の違いとは ・ ・ ・

 愛と恋の違いとは

 いまさら そんな事を語る年齢でもなく

 ただ単にその違いを勘違いしているひとのためにと

     ・ ・ ・

 人が人を好きになるのは簡単

 何故なら相手の意志は必要ないのですから

 それが 「 恋 」というものでしょうか

 では、その 「 恋 」が実り

 お互いに好きになれば 「 愛 」へと変わるのか

    ・ ・ ・

 若いときに どんな出逢いがあったとか

 どんな相手を選べば良かったとか

 後悔しても後戻り出来ないもの

 ひとを好きになるのは自由でも

 その気持ちをいつまでも保つのは簡単ではない

   ・ ・ ・

 愛という言葉は誰にでも使えない尊い言葉

 誰もが幸せになるために

 大切にたいせつに持っていて欲しい

 言葉と思います ・ ・ ・

                ☆ by yuuki ☆彡

b0069254_22193529.jpg
  結婚とはギブ&テイク。 
 けれど、それを望まない尊い想いが
 「愛」と言えるのかもしれません ・ ・ ・ 。
  自分の夢を壊さないように、誰もが幸せになれる
 ようにと ・ ・ ・ 。

                ゆうき ☆彡

[PR]

# by yuuki-555 | 2017-05-11 22:29 | 私の詩 ・・・
2017年 05月 11日

愛と恋の違いとは ・ ・ ・

 愛と恋の違いとは

 いまさら そんな事を語る年齢でもなく

 ただ単にその違いを勘違いしているひとのためにと

     ・ ・ ・

 人が人を好きになるのは簡単

 何故なら相手の意志は必要ないのですから

 それが 「 恋 」というものでしょうか

 では、その 「 恋 」が実り

 お互いに好きになれば 「 愛 」へと変わるのか

    ・ ・ ・

 若いときに どんな出逢いがあったとか

 どんな相手を選べば良かったとか

 後悔しても後戻り出来ないもの

 ひとを好きになるのは自由でも

 その気持ちをいつまでも保つのは簡単ではない

   ・ ・ ・

 愛という言葉は誰にでも使えない尊い言葉

 誰もが幸せになるために

 大切にたいせつに持っていて欲しい

 言葉と思います ・ ・ ・

                ☆ by yuuki ☆彡

b0069254_22193529.jpg
  結婚とはギブ&テイク。 
 けれど、それを望まない尊い想いが
 「愛」と言えるのかもしれません ・ ・ ・ 。
  自分の夢を壊さないように、誰もが幸せになれる
 ようにと ・ ・ ・ 。

                ゆうき ☆彡

[PR]

# by yuuki-555 | 2017-05-11 22:29 | 私の詩 ・・・
2017年 05月 09日

五月という雨 ・ ・ ・

 いま 五月の雨がしとしと降る

 私にとってこれは

 もう六月の雨に感じ

 まだはやい淋しい 「 梅雨 」を想います

    ・ ・ ・

 春がきて 初夏をむかえ

 そして本格的な夏が来る

 その前に必ずやってくる

 あの淋しい 「 梅雨 」 を

 想います ・ ・ ・


 心だけが病んでみたり

 何故か空模様と同じ

 心晴れない日が続くと

 頑張れないとか 何処かすぐれないとか

    ・ ・ ・

 でも 頑張ります頑張りましょう

 それは 誰もが通る道なのですからね

    ・ ・ ・

               ☆ by yuuki ☆彡

b0069254_21484977.jpg

   雨が降らないと困るひともいる。
 けれど、やまない雨はないと思いながら
 日々懸命に諦めず生き働く人もいるものですね ・・・
   では、また
        良き眠りを ・ ・ ・

                  ゆうき ☆彡

[PR]

# by yuuki-555 | 2017-05-09 21:49 | ひとりごと・・・
2017年 05月 06日

故郷はアザミの花 ・ ・ ・

 幼い頃によく母の故郷へ

 姉と3人で「汽車」で行ったもの

 駅からは徒歩でどのくらい歩いたのか

 その道端には確かいつも

 「アザミ」の花が咲いていた

 そんな事だけが記憶にある

 どんな会話をしたかは記憶はないが

 何故かいつも淋しさがあったような

 幼き頃のわずかな記憶と想う ・ ・ ・

 母にとって故郷は

 幼い頃にその母を亡くし

 小学校もろくに行かず

 その父と兄をひとり何かと

 家事や洗濯と世話をした

 母をただ誇りに思うだけです ・ ・ ・

            by yuuki ☆彡

b0069254_20015723.jpg

   今は「アザミ」の花も珍しいのでしょうか。
 母と姉と3人で歩いた、あの田舎道が懐かしく、
 そんな母も「がん」で先日入院。 まだ早期な
 のか元気は良く、食欲もあるとか。 何かと
 一生を誰より負けずに頑張り働いた「母」に
 いろんな意味で申し訳ないと思うと言葉が出ず
 に ・ ・ ・ 。
                 ゆうき ☆彡


[PR]

# by yuuki-555 | 2017-05-06 20:02 | ひとりごと・・・
2017年 05月 04日

太陽 ・ ・ ・

 一日のはじまりに陽が昇る

 それは朝陽

 そして

 一日の終わりに沈む夕陽

 そんな自然の風景を

 見る余裕もなく人は働き

 いつしか疲れて眠るもの

 夜空でもいい

 輝く星空でも眺める

 そんな少しの時を持ちたいと

 思いながら窓と言う心のカーテンを

 開けてみましょう ・ ・ ・

            ☆ by yuuki ☆彡

b0069254_22225099.jpg
自然とは不思議で、何かしら人と関わるもの。
朝起きたら、朝陽を浴びると良いと言います。
では、また ・ ・ ・ 。

                     ゆうき ☆彡

[PR]

# by yuuki-555 | 2017-05-04 22:28 | ひとりごと・・・